MUSENKI レビュアーズ倶楽部!

 アマチュア無線・広帯域受信機の専門店CQオームの商品評価ブログです。各種無線機・受信機・関連商品のレビュー(評価・感想・使用感など)大集合。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

○ IC-R6 しまちゃん

長年前モデルのICR5を仕事で使用して来ましたが野外作業が祟ったのか最近受信感度が極端に下がり色々悩んだ末、後継機のR6を購入しました。

受信感度は明らかに前モデルより広範囲に受信出来る様になってて重宝しております。

使う事はほぼありませんが救急無線?がR5は周波数一覧表が添付されてるだけでしたがR6は全て入力済み。

ただ出来ましたらR5~R6へのクローンが出来る様にして欲しかったですね。
一晩掛けて取説見ながらちまちま手入力しました(笑)


スポンサーサイト
 
 

○ DJ-X11→DJ-X11A おきぬさん

DJ-X11をA仕様に改造しました。使いやすくなり、伊丹空港・関西国際空港を時には2波同時受信で楽しんでおります。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R75

この機種が欲しくて、検索をしていてCQオームさんと出会いました。
注文してからの対応もスムーズでしたし、商品梱包もしっかりしていて安心しました。
その後もオプションをセットしてもらうために返送させて頂いたときも、商品の発送手続きから対応も手際よく頂いたことに感謝しています。
短波や中波の遠距離受信用に購入したのですが、使用感としては受信感度も高く、しっかりしたアンテナと組み合わせると性能が高いことを実感します。
本機は、入手できない時期があったので、今回手に入れることができて本当に良かったと思います。
ただ、欠点としては受信ノイズが多く、オプションのUT-106を付けたいのですが完売となっているため入手できないことです。
是非とも再販を強く希望します。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R6 Niniさん

レシバー素人ですが買ってよかったと思います。
電波ってこんなにたくさん飛んでいるんですね。
あっちこっちスキャンしては、ほほぉ~と聞いております。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

◎ IC-R20 まんさん

とても機能的で気に入ってます。
毎日、航空無線を聞いてます。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ DJ-X81

主に消防無線受信に使用していますが、ワンセグが聞ける点、緊急速報が受信できる点は非常に満足しています。
消防無線がデジタルに切り替わってしまうのは残念ですが、消防デジタル波が聞けるといいんですがね。
今は無理かヽ(´ー`)ノ 笑。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ DJ-X7 関東バージョン pennさん

コンパクトなのは良いのですがバッテリーの持ちが悪いです。単四電池仕様にした方が良いのでは!?


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ DJ-X81 SRH789 warutuさん

エアーバンドや鉄道無煙などを聴くために購入しました。
以前は同じアルインコ製DJ-X3を使用していましたが、DJ-X81はテンキーがついていて選局がより楽になったほか、周波数町などで調べた周波数に直接アクセスできるようになり、便利になりました。
SRH789とセットで購入しましたがこれも大正解で、付属アンテナよりはっきり聞き取れるようになりました。
乾電池と充電池のどちらも使えるのもうれしい限りです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R8500 musenさん

・【機種名】
ICOM IC-R8500(広帯域受信機・周波数拡張済み)

・【使用方法】
アンテナ
HF帶  ロングワイヤー型(不平衡、非同調)、RCAアンテナ端子(ピンジャック、500Ω)に約25mの銅線を接続しています。銅線は、家庭用電気器具アース線(緑色1.6mm単線約25m。)

U/VHF帯 D-130 広帯域ディスコーン(25~1300MHz)、地上高13m 同軸ケーブルは5D-FB約25m長
★アンテナ直下にローノイズ・プリアンプを付ける計画ですがカミナリ破壊が怖いので、ちゅうちょ(躊躇)しています。無くても、高感度で満足しています。

ヘッドホン オーディオ用を使用(インピーダンス38Ω)説明書ではインピーダンスは4~16Ωですが38Ωで★Good !
       
REC OUTジャック(前面パネル) 音量レベルは使いやすいです。
ここから直接オーディオケーブルで、ICレコーダ端子、パソコンのオーディオINまたはマイクIN端子に直結してOK。

・【評 価】
購入後まだ日が浅いので、短時間ですが、全てのMODEで試聴しました。
結果は、★Good !です。
MODE WFM FM AM SSB CW FM-N AM-W AM-N CW-Nと不自由しません。
広帯域で多彩なモードが「受信を楽しく」させてくれます。

選択度に気象衛星NOAA受信用50KHzがあれば、文句なしです。
デジタルモードが無いのは、承知のことです。

価格満足度は「高い!」です。→10万円なら「買い」ですね。
でも、CQオームさんで3倍ポイントが付くので、オプションを買うときに助かりました。

アマチュア無線各バンド、エアーバンド(成田空港を中心に関東一円)、鉄道無線、消防・救急、道路交通、タクシー無線etc.をチェックしました。
      
・【感想、満足度】
とにかく満足できた逸品です。 総合点で90点です。(100点満点)

アマチュアバンドでCWを聞く時、IFシフト/APF機能が抜群にいいです。
音質に濁りが無く、いい音出します。

受信感度は、広帯域受信機にありがちな「バンド毎の感度むら」が少なくハイレベルな受信が可能です。
固定機ですから専用アンテナを切り替えて使えば・・・まさに通信機です。

FM放送は、ステレオで聴けませんが、音質は★Good !です。
放送局が約8kmと距離的に近いのでアッテネータを使っています。
あるいは近県の局でもノイズを抑えてキレイな音質で聴けます。
 
大容量メモリー(1000ch+20ch)、多彩なスキャン機能とうは、これから試してみます。

・【使用オプション】
◆下の ① o r② は、本体の「3倍ポイント」を充当すればお安く買えます。私はそうしました。

① FL-52A 455kHzCW/RTTY ナローフィルター
パスバンド500Hzの切れ味は★Good !です。
IFシフト/APF機能と一緒に使えば7MHz帯のCW混信除去も解決してくれます。音の「にごり」も無くいい感じです。

② CR-293 高安定度 基準発振水晶ユニット
オリジナルは、CR-452(TCXO)温度補償型水晶発振器で精度は±3ppm。
1200MHz帯では約±4KHzで周波数安定度が期待できません。
24時間電源オンでも室温に影響されてダイヤル調整が必要です。

そこで、オプションのCR-293を購入しました。
これの交換は、若干面倒ですが時間をかければ、初めての方でもできます。注意したいのは、ドライバーや半田ごてなどで、基板のチップ部品やプリントパターンを壊さないよう慎重やることです。ヘッドルーペ(拡大鏡)が便利です。

このオプションのCR-293はポジスター内蔵の温度制御型水晶発振器です。
通称「OCXO」(Oven Controlled Xtal Oscillator)型です。
これでも周波数精度が±0.5ppm(10^-6乗)程度。
1200MHz帯では約±0.7KHzで周波数安定度は・・・まぁまぁでしょうか。

私は、下記③の改造を行って、超高安定度(10^-13乗)を得ています。
1200MHz帯でも、周波数はまったく動きません。

③ IC-R8500広帯域受信機の基準発振器のPLL化は★Good !です。
IC-R8500広帯域受信機の基準発振器はオリジナルのCR-452(30.200MHz)です。
これ一個で、IC-R8500内部の周波数基準としています。
なので、ここをPLL化すれば驚異的な安定化を実現できます。
そこで・・・、
PLL(Phase Locked Loop)は、この30,2MHzをGPS受信機出力10MHz基準と比較した回路構成としました。基板は4×4cmほどです。
この基板は、IC-R8500の下部側カバーを外すと後部右側に「空きボックス」がありますので、ここに納めました。
これで周波数精度が「周波数カウンターもどき」まで向上したわけです。
皆様も、ぜひ試されてはいかがでしょう。

・【改善希望の点】
① 最小チューニングステップが10Hzなのが残念です。
1Hzが欲しいですね。
② 基準発信器をPLL化し外部から10MHz注入(Reference)を可としていただければ最高。
(コストダウンは旧来のアナログTV用回路などを省略すれば)

③ パネル照明用麦電球のLED化(これで発熱解消、コストダウンも可)

・【特 記】
① 上記の改造詳細は、私のブログに「写真中心に解説」しましたのでご覧ください。
http://musen.de-blog.jp/jbfblog/

② 主な特徴/仕様/オプション/取説Downloadなど(アイコム社HP)
http://www.icom.co.jp/products/amateur/products/receiver/ic-r8500/spec.html


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R6 ic6rさん

ハンディアンテナで受信していますが、性能はピカイチです。
どこまで受信できるのか、いずれはディスコーンアンテナを付けてみたいですね。
コストパフォーマンスもいいので、おすすめです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ DJ-X81 (DJX81) いちょうさん

いまさらながらコードレス電話や特小を簡単にスキャンできるうえ、地デジも受信できるCHすべてを登録できるので、使い勝手がいい。
充電スタンドもついていて簡単充電できます。
中波帯もバーアンテナ対応で受信勝手が広がりました。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ DJ-X81 (DJX81) Mi-2さん

4月末の発売予定から延期になって約3週間、CQオームさんに予約注文していたDJ-X81がいよいよ手に入りました。初回の入荷で発送して頂いたようで、有難うございました。
早速レビューに入ります。

ボディーの大きさ・形状等は、先月CQオームさんの試作機のレビューにある通りなので省略させていただき、DJ-X8との比較改善された箇所等を報告させていただきます。

まず、AMラジオの受信がかなりクリアになっています。
X8では個体差があったのかもしれませんが、ラジオ局を受信していると内部発振の波打つような「ピュー」というノイズが必ず入っていたのですが、このX81には全くなく聞きやすくなった感じです。
X8をお持ちの方はお判りかと思うのですが、受信中に信号が不安定になってスケルチが開閉するときの「プツッ、プツッ」という、あの違和感のある少し受信にストレスを感じる音も無しです。(快適!)

次にトーンスケルチについてです。
JRの空線信号キャンセラーは、X8では若干キャリア漏れする感がありましたがX81はIC-R6のようにスケルチ作動中に表示されるSQのアイコンが付き、確実にSQ点灯と同時にキャンセルされます。
他、MCAの制御信号も見事にキャンセルします。
トーン・逆トーンについては、まだ未確認です。

感度についてです。X8と比較すると、800Mhz帯のワイヤレスマイクが少し感度が落ちている感じがします。
付属アンテナ使用時で比較するとX81の方がスケルチを開けないと受信できない状態になる時があります。

人気のエアバンドでは特に変化は感じませんでした。
メモリーは始めから948ch書き込みされていますが、メモリー編集ソフトで構築しない限り希望のバンク数に区切ることができません。

6月末ごろフリーソフトでHPに載せていただけるそうですが、待ち遠しいです。
スキャンスピードはX8と同じく5段階から選べますが、遅くなってない?って感じがするのですが書き込まれているメモリーが、周波数順になっていなかったりするバンクもありますし、一つのバンクに百数十chも書き込まれているので余計遅く感じるのかもしれません。
メモリーは工夫して構築する必要がありそうです。

ワンセグ音声は地域を指定できるようになっていて、受信できる位置とできない位置があります。当たり前ですが・・・。
デジタルの音声を聞いた時には感動です。
いい音してます。

最後は緊急放送の受信機能です。
このX81は緊急警報放送(EWS)と緊急地震速報(EEW)の両方の受信に対応しています。
電源ON時のみ作動・電源OFF時のみ作動・常時作動を選べます。
ただ、こればかりは実際に受信してみないことには感想は延べられません。
便利な機能ですが正直起動するような大きな災害が起こらないでほしいです。

X81に興味がある方やレシーバーの購入を検討されている方の参考になればと思います。
ご購入の際には迅速で丁寧なCQオームさんがお勧めです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ DJ-X8 警消大好きさん

AX400DX-VR150-VR500-AR8200MK3とハンディレシバーを使って来ました。
現在DJ-X8を平成20年から使用中です。

やはり災害等現場ではコンパクトで役立ちます。
自宅ではAR8600Mark2SecondEditionを使用し地元消防の救急波にセットしておき火災.救助の指令が流れれば消防波.高速道路災害ドクターへリ県防災ヘリ等は県内共通波等メモリーして適宜使用しています。

やはりテンキーの無いVR-150はダイレクトで周波数を打てないので自分は不便ですぐ変え買えました。
AR8200MK3は少々大きすぎ重いのでポケットに入らずべルトクリップで腰につけ使用いていました。
アンテナがロッドアンナななものでハンディ機としは自分としては使い勝手が悪かった気がします。
しかし受信感度は最高でした。

他のレシーバーは付属のラバーアンテナで使用していました。
DJ-X8は現在使用中ですが自分が使用しているには問題なし。
自動車での移動中にはモービルアンテナいいでしょう。
受信愛好家なら自分が色々説明しなくとも常識でよね。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ AR8600MK2 警消大好きさん

ロッタアンテナで使用ですが、感度いい。デスコーンアンテナを使うともっと感度あがるでしょう。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R6 ushisanさん

中波から超短波まで素晴らしい受信性能です。
ダイヤモンドのD150との組み合わせで使用。先日、通信型受信機に負けずにブラジルの短波局が受信できたのには驚きました。都内在住ですが成田のエアバンドも受信可能。使い勝手、サイズ、バッテリ持続時間、いずれにも満足しています。音質もとても良いですね。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R6 tatsuさん

同時に購入したハンディーロッドアンテナSRH789を接続して、自宅室内窓際に設置。地元消防・エアバンド・自衛隊無線等を聴いています。

主に使用している機能はメモリースキャンです。
「自宅ワッチ用」バンクを作成し、ラジオ代わりに流しワッチを楽しんでいます。
IC-R5も使用していたのですが、それと比較するとスキャンスピードはピカイチ。届いたその日早々にUHFエアバンド帯をサーチさせていたところ、新たにGCIの周波数を1波発見することができました。

電源はACラインからのノイズ対策として、以前アマ無線で使っていた安定化電源(13.8V固定)から供給しています。
なお、IC-R6の動作電圧は4.5-6.3Vの為、百均のカー用携帯充電器をコンバーターとして流用し、降圧させています。
実際、付属のバッテリーチャージャーを一度も使用していないので、それと比較してどの程度ノイズ低減の効果が出ているかは判りません。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ VR-160エアバンドSP kota.kさん

古いエアバンド(ユピテルMVT-7300)を使用していたので、とてもコンパクトで驚きました。カナ表示なので見やすく使いやすいと思います。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R8500 VK80さん

ベランダからケーブル引けない構造のアパートのため、アンテナは室内にモービル基台+アンテナ(VU2バンド用1本とHF用1本計2本)、平面アンテナD5080(中波HF用、HFモービルアンテナと随時セレクト)、プリアンプDMAX40を置いています。

今まで所謂BCLラジオを使って短波中波を聞いていました。
近隣の何か動力機と思われるノイズが酷かったのですが、8500にしてそのノイズ皆無にはならないものの、放送波のほうが遙かに強く綺麗に捕らえるようになり感激!まあ30年物の器械と比べては何ですが・・・国内中波、海外日本語放送など良好に受信できてます。
ハンディ機でエアバンド等受信してましたが、固定機になり音質がいい!KG-ACARSも問題無くデコードできてます。
Sメータも針が動くタイプなのでgood!
バックパネルの色が単色固定気になっていたのですが実物使ってみたら特に違和感なく見れました。

この8500の1台で自分の受信用途はほぼカバーできてます。
スキャンやメモリなどまだ使いこなしていない(取説読んでない?)部分が多々あるので、まだまだ便利に使用できるかなと思います。

30MHz以上がN型接栓なのはどうなんでしょう?確かに昔800MHZ帯MCA業務無線のアンテナコネクタはN型接栓だったと記憶してるので、2GHzまで受信できる本機もその流れなのでしょうか。生産再開時に30MHz以上のコネクタだけでも仕様替えてもらってもよかったような。

今回はCQ-OHMさんのキャンペーンでお得にできたので、オプションの外部スピーカSP-21と高安定度基準発信水晶ユニットCR-293も同時に購入しました。

CR-293なのですが、よくあるフィルターのように簡単に装着できるものと思ったら、取付(ちょっとムズイ)のうえにメーカの再調整が必要なんですね!取説読んではじめて分かりました・・・ショック。
せめてカタログやオンラインの説明に記載してもらえれば、購入の際取付再調整の依頼も同時に行ったものが納入も可能だと思います。それと単品で売られていてもメーカ再調整が必要な場合は調整費が別途必要なら(多分必要ですよね・・・)それも一文入れてほしい、この辺は要改善と思います。
で、ユニットまだ手持ちのまま保留中です。使い始めて楽しいので手放したくないし、ノーマルのままでも自分の使用範囲では特に問題無く安定性いいので・・・

ご参考までに


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-R6 おだんでさん

IC-R5からの買い替えで購入したのですが、R5に比べて早いスキャンとサーチ、高機能なスケルチなど色々機能が充実して大満足です!
また、R5の時に使用していたケースやPC接続ケーブルが流用でき、お財布的にも満足でした!
電池持ちも格段に良くなったので、言う事なしですね。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ AR8600MK3 BNC-W100RX SS500 NR950M

私のリグのひとつにAR8600MK2があり、これでAM、短波を含む広帯域を聞いています。
したがって、アンテナについては広範囲をカバーするものが必要となります。
主に聞いているのはエアバンド、消防、NDB、灯台、アマ無線などです。
短波放送はインターネットの発達で海外の短波送信所が閉鎖されたりして、以前よりも発信局が少なくなりましたが、昔BCLを楽しんだものとしては海外からの電波を受信することは未だに大きな楽しみです。

アンテナは最近NR950Mを使用していますが、このアンテナでは短波HF帯が入感困難なのでLW、AM、短波帯からVHF/UHF帯をカバーするBNC-W100RXと併用しています。

2階のベランダ脇のトタン屋根部分(南西向き)にマグネット基台を2台並べてこのふたつのアンテナを立て、隙間ケーブルCTC-50Mで室内に引き込みSS500に接続して混合させ1本に絞り、リグ(AR8600MK2)に接続しています。
結果としては100kから広範囲をカバーすることになります。

しかしながら、このような接続では、隙間ケーブルと分配・混合器での減衰がダブルで加わるのでやはり平均で0.8~1.0デシベルくらいは落ちます。

実際にNR950に直接接続してみた場合と、上記の接続で端末につないだ場合とではたとえば東京ATIS128.8Mのインフォは後者ではスケルチをかなり開かないと聞き取れません。(前者で設定したスケルチ値でのスキャンでは素通りします)アン
テナの基本は「空高く設置し太いケーブルで引き込む」ですが、都会(杉並の住宅密集地)ではそのような理想は実現不可能な場合が多いです。

NR950Mはよくできた切れのよいVHF/UHF向きアンテナですが、私の様に短波受信も聞く場合はこれに加えてAM、HF帯を拾う工夫が必要で以上のような設置スタイルとなります。

受けているAR8600MK2は、短波受信には向いていないとよく言われますが、実際は短波専用受信機に引けをとらない受信性能があります。回路はよく見ていませんがAORが蓄積してきた技術の結晶のひとつでもありますので、いろいろな制約の中でも、このようなリグにはなるべく性能のよいアンテナを使用して能力を引き出すことが必要です。この受信機は100kから3000Mまでの範囲をカバーしそれぞれの帯域でも十分な性能を保持しています。

応用範囲は広く、使いきれないほどで、コンパクト(2kg)な筐体によくもこれだけの機能を押し込んだと驚くほどです。詳しい機能のコメントは別途書きたいと思います。

万能アンテナのBNC-W100RXは生産終了と聞いていますが、これに匹敵するような新しいアンテナの登場が期待されます。
全体として、設置環境があまり芳しくない場合の解決案としては、NR950Mのような優れたアンテナとサポート役のアンテナとの組み合わせで向上を図ることができると思います。

この意味ではSS500を使用した電波の混合は、減衰ということを考慮しても有力な手段だと考えます。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 
商品リスト
 
カテゴリー
 
最近の記事
 
メルマガ登録をどうぞ!

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
リンク
 
FC2カウンター
Top
Copyright © CQオームそうちゃん / Designed by Paroday  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。