MUSENKI レビュアーズ倶楽部!

 アマチュア無線・広帯域受信機の専門店CQオームの商品評価ブログです。各種無線機・受信機・関連商品のレビュー(評価・感想・使用感など)大集合。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

○ IC-7300S

音質のすばらしさSSBとは思えない。メーカはお金をかけましたね!
私はこの機械でpsk rtty jt65を変更申請しました。
8月4日付けで変更免許が下りましたのでjt65で即運用してみました。
超微弱信号もにがさず完全に復調してくれました。ノイズ除去も十分のようです。
びっくりした事は10w出力とロングワイヤで国内局はもとより海外局の多数の方々とQSOできました。
以上で投稿は終わりです


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

スポンサーサイト
 
 

○ FT-450DM HF大好きさん

このほどFT-450DMをデジタルモード(JT65)を主に使用する前提で導入しました。

世間ではIC7300,FT-991が出回っているさなか、かつFT-891の発売がすぐそこまで迫っているときでした。

本機選定の条件は
 1)HF帯メインの為144,430帯は不要
 2)アンテナチューナー内臓であること
 3)タッチパネル操作は不要
 4)フォーターフォール不要
これらを満たしたものがFT-450Dでした。

いつものように発注後は間髪おかず丁寧な梱包で到着、その後遅滞無く総通へ変更申請⇒変更届出完了。

FT-450DMへUSBIF4CW Gen.3を取付けJT65の使用周波数をメモリーし、送信出力10W設定でWSJT-X/JT-LinkerでJT65を快適に運用してます。

基本的にはJT65専用で使用している為、常に操作するのは周波数変更および送信出力調整のみということになり、用途を特化し使用しているので特に操作に関しストレスはありません。

これまでJT65は、別の無線機で運用してましたが、今回切り替えつつFT-450DMと聞き比べ(デコード具合)ましたが概ね差異が無さそうな感じです。

よってJT65はFT-450DMへと運用を切り替え、相互に快適な(?!)運用環境が構築でき満足しています。



当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300 hiroさん

今、よく話題に成っている無線機IC‐7300を使って見たくて購入しました。
使用期間はまだ3カ月ほどですが、機能・性能共に大変良いと感じています。

購入前の1番の懸念はディスプレイの大きさが小さくて見辛いのでは、という点でしたが、実際に使って見ると十分使用に耐えます。
また2番目の懸念でありました小型機ゆえの「マルチファンクションSW操作の煩雑性」についても、ほとんど直感的に使えるので問題と成っていません。
現時点での満足度としては満点を付けます。

これから見て行くべき点は無線機にこれから発見される技術問題は無いか、またソフトウエアの安定性は十分か、といった様な点かと思っています。
それらを考慮しても価格以上の良い無線機と評価しています。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300M コローラさん

TS-820を近年、自力で修理し復活愛用していましたが、ノイズ(空電や電力線、エアコンなど)除去性能に40年の技術革新を感じました。感度自体は大差ないですが、混信除去性能も疲れない音質を失いましたが性能自体は大きく進化しており満足しています。また16kg+AC電源のTS-820に比べて軽量とDC電源のIC-7300Mは移動運用が簡単そうなのでモービルHFにチャレンジするつもりです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ FT-450D pfoさん

価格が低く、コンパクトで移動運用用に愛用しています。
性能も使いよく喜んでいます。今後ともよろしくお願いします。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7600 Takechanmanさん

メインリグのサブ機として購入しましたが、操作性や受信性能も劣らず、大変満足しています。最高機種は手が出ませんが、アンテナ等を整備して、アイコムのリニアアンプを検討しています。その節はよろしくお願いします。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ FTDX1200 SJKさん

丁寧で迅速な対応で素晴らしい
FTMDX1200は感度使い勝手は非常に良く、またぜひ利用させていただきます


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300 あいちTK278さん

当局は最近増えていますカムバック組で、昨年11月、40年近く前に使用していたトリオTS-520Vを復帰させHF帯に再参入、パイル時の非力を感じ、100W機の購入を計画(CQオームさんにはその他100W改造、リニア利用可能性などの相談にものっていただきありがとうございました)。丁度、IC-7300が評判となっていた時期で、お値段も10万円台前半と手頃で予約購入を決意しました。

あたりまえですが、10Wと比べ、100Wになってからは、kW局にはかないませんが、相手にしてもらえるようになり、Sレポートも高くいただけます。前評判通り、スコープは最高で、リアルタイムでバンド状況が見てとれ、指一本でタッチパネル上の局を素早く選択ができるのは非常に有用で気持ちがいいです。また、操作性も抜群で、あまり取説をめくらずも、感覚で各機能を使いこなせる点は素晴らしいです。大きさもコンパクト(IC-7300は
約4㎏、TS-520は約16㎏)で、50W機なら外に持ち出したい感じです(取手があればもっといいのですが、TS-520には付いている)。

しかし、IC-7300がTS-520Vにとって代わったかというと左にあらず、個人的好みかもしれませんが、あらためてTS-520の音質に良さ(疲れない、柔らかな感じ)を感じた次第で、聴き心地のよさでは、IC-7300の人工的なデジタル音(フィルターをかけるとさらに)より、ついついアナログ音のTS-520に手(耳)がいきます。現在は、IC-7300でバンドの状況を把握し、TS-520Vで可能な状態であればレトロな感じを楽しみながら10Wで頑張り、信号が弱い時や、パイルで相手にされずパワーが足りないと感じると容赦なく? 同軸を切り替え、目的の臨戦状態(オートチューナ付、各種デジタルフィルター設定、そして各種リアルモニターで録音も)がすぐとれるIC-7300で参戦といった感じです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300 とっとこハム太郎さん

発売当初は様子見してましたが、買いました。
最近のタッチパネル系は敬遠してたんですが、かなり使いやすいです。
この価格で、この能力はかなりお買い得なのではないでしょうか。
SN比も良く結構聞こえます。
スプリットが少し使いにくく感じてますが、まぁ慣れるでしょう。
メモリーチャンネルのキーがダイアルの真上にあるんですが、押しづらいです。
AM放送帯の感度も良く良い音鳴らしてます。
結局買って良かったです。
移動はほとんどしないのですが、50w機も検討しています。
価格も手を出しやすいので、結果皆さん買っても損は全く無しだと思いますよー。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

IC-7300M きたひろさん

リターン組で、HFがやりたくて購入しました。今はこんなに高性能なリグが手頃な価格で買えるなんて良い時代になったと思います。
JT65の準備中で、申請がおりたら、世界中と繋がるのを楽しみに待ってます。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300 アイアンマンさん

普及機で、高額な機種を驚愕する性能と機能、手軽さを備えています。全てにおいて満足しています。ご検討中のOMさんに強くお勧めします。100W機を購入しましたが、移動用に50W機をもう1台ほしいです。

唯一の不満を挙げるとすれば、144/430MHz帯に出られないことぐらいでしょうか。別のリグとして、リリースを待ちます。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300M 新機種大好きさん

移動運用用に、購入
この商品の目玉は2つ
スコープとSDカード
他は特記することはないICOMのスタンダード機という感じですね。
 
スコープだけで買う価値はあるでしょう
またSDカードを、使った交信や受信の録音機能
これが素晴らしい
 
ほかの無線機には、絶対無い機能でしょう 
ftdx3000のifにつないで、スコープだけ使うのも良いと思います。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ IC-7300 みるくさん

早速価格も安いので購入してLITEで電子申請しました。
受信はかなり良いです。特に弱いCWのSNが良いので、了解度は値段では想像出来ないどないほど良いです。
特にローバンドはこのクラスでは最高かと思います。
 
比較にメインで使用しているFTDX3000と比較しましたが疲れ度合は7300に軍配があります。タッチパネルの慣れてくればまあまあの感じですが、独立したつまみがある方がやはり使いやすいです。
 
送信音は付属マイクではソフトな上品な音質できれいな音質です。
CWもきれいなトーンです。
 
スプリットは使いやすいですが送信周波数をワッチするXFCボタンの位置がメインダイヤルに近いのでちょっと使いづらい感じです。
 
フィルターはDSPで使いやすいですが、あまり狭めるとかえってSN比が低下する感じです。
 
その他としてこのクラスで音質モニター、受信音のイコライザーがついているのはコストパーフォーマンスはかなり高いです。
 
現在はほとんどメインとして7300を使用しています。
 
以上簡単ですがレポートします。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ FT-991M ひささん

待ちに待ったFT-991Mが2月下旬に届き変更届をして免許になりました。第一印象は小さいし軽い。私は主に移動運用で使用するつもりなのでもってこいのリグです。受信感度ですが、アマチュアバンドはもちろん中波、短波も良さそうです。自宅の50MHzのGPで短波放送を聞いていますがそこそこ入感してきます。ちょっとしたワイヤーを張ればAMラジオや短波放送をじゅうぶん楽しめるでしょう。頻繁に使用する機能のボタンは自由にカスタマイズできるので画面のタッチボタン一回で呼び出すことができます。私はCW中心の運用なので、内蔵キ-ヤ-のオンオフ、キ-イングスピ-ドの調整ボタンを設定しました。送信出力は1W刻みで可変できます。ファンの音も静かです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ FT-991 hiroさん

2/8に入手しました。技適が取れていないのではないかとかいろんな噂がありましたが、もちろん技適機種です。(ほっとしました。)
 久々に「おお、これはいい!!」と思える機種です。
 昨年12月の大阪日本橋での試聴会で小一時間触ったときに比べると、ファームウェアがかなり改善されたように思えました。
 タッチパネルはFTM-400Dに使われているのと同じもので、操作の仕方も似ています。もちろんタッチパネル自体の感触も同じです。
 HFでのCW受信を数時間行いましたが、非常に良くできていると感じました。ほぼ同じ大きさのFT-897の受信性能に比べると格段に優れています。(FT-897もバランスの取れたいい機種ですが。)特に、CWで受信帯域を100Hzまで狭めてもリンギングがほとんどありません。
 またCWでもSSBでもDNRがよく働きます。ノイズを抑えながらもDSPに付きものの妙な音調の変化も少ないようです。内蔵のスピーカーで聞いていても、ヘッドフォンで聞いても疲れません。
 3kHzのルーフィングフィルターの効果で、数kHz離れた強い信号の影響を受けることなく、弱い信号も良好に受信できます。
 マニュアルは急いで作成されたようで、誤植や説明不足も見られます。p16のKEYの図は左右が逆になっています。また、本体背面のUSB端子に関しては、全く説明がありません。
 試聴会などで得た情報では、FT`-991本体にSCU-17と全く同じ働きが内蔵されているとのことで、SCU-17でDATA通信の設定ができていれば、そのシステムをそのまま使えるはずです。
 画面の色の選択はすこし少なすぎるように思います。またフォントも選べると自分の好みの生かせてより交信が楽しめるかと思いました。
 クラリファイアはメニューの40番でTXを選べば、送信周波数だけの微調整に使えるのですが、是非とも「CLAR」のボタンを押すたびに、RX-CLAR、TX-CLARがトグルに変わるようにしていただきたいと思います。
 QRPで運用しているとクラリファイアのノブを回してパイルの隙間を見つけ(RX-CLAR)、その周波数で送信する(TX-CLAR)、という操作を頻繁に行います。
 ファームウェアのアップで、いろんな機能が増えたり改善されるのを期待しています。


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

○ FTDX-3000D vs FT-920 kazukazuさん

FTDX-3000D vs FT-920
FT-DX3000Dを手に入れたので、従前からあるFT-920と比較した事を書きます。まずFTDX-3000Dがなぜこうしてくれなかったか、つまり劣っている点を書きます。慣れという部分もあるかとは思いますが。

1.サブダイヤルが余りにも小さい。FT-920は適度な大きさで、ディユアルワッチが出来なくてもそれほど不自由な感じはしませんでした。
2.フロントパネルとキージャックの位置が逆。キーの方が3000は上に来ましたが、下の方が抜き差しする頻度も少なくて良かった。
3.メモリーが188もあって、IC-706やFT-100などで、menuに頼りすぎた不評だったものに逆戻り。
4.モードの切り替えが凄く煩雑。920のように独立したボタンの方が遙かに使いやすい。
5.ウオーターフォールが付いているが、おもちゃのような物。スペクトラムは画面一杯になりますが、ファームウェアのupデートでウオーターフォールも何とかして欲しいです。そのウオーターフォールの画面を出すのも凄く苦労しました。
6.マニュアルが分厚い。920の倍以上の厚さはあります。

しかし、それを差し引いても、オプションのCWナローフィルターを入れると、凄くバンドが静かに感じます。
SSBもルーフィングフィルターの効果は絶大で、7MHzSSBを聞いていても、近隣 の混信をほとんど感じません。移動で持って行くには、やはり大きいでしょう ね。そういう方は、FT991の方が良いのでしょう。「Contor」は、丸い小さい球 を、真ん中に持ってくると混信除去が増大します。

大きさは、FT-920を一回り小さくした感 じで、IC-756proⅡよりずっと高さが低いです。つまりより平べったくなった感じです。
FT-5000との値段の差が余りにもあります。IC-7600を意識して作ったのかとは思いますが、もう少し高くてもいいから使いやすいリグを、FT-3000MPとかで世に送り出して欲しいと思います。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ TS-480HX 

主にCWにて使用しています、現用のFT2000Dと比べカタログで調べてありましたがあまりにも小さく軽量なのに感心しました、私のQTHはノイズが多いのですが信号は聞きやすく了解度はTS480が幾分上です。

操作パネルが小さい為仕方がないのでしょうが、BAND、MODE、KEYING SPEED、の変更、SPRIT時 B FREQが聞けない等はFT2Kが1段上です、(値段、寸法から当たり前ですが)。操作の工夫、卓上へ上手く設置すれば自宅からの運用に十分対応出来ると思います。

p/s オプションのCWFILTER 270HZをいれてあります、(必要です)。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ TS-590SG CQCQさん

新しく固定局を開局するためTS-590Gを購入しました。
HF帯のCW運用がメインですが基本性能・音・操作性などどれも満足しています。
Gシリーズになって特に良かった点は背面のDRV端子に受信信号を分配できる事です。
ここにSDRを接続しバンド全体のワッチを行えるので大変便利です。
ちなみに使用しているSDRはFDM-S2+HDSDR(アマチュアバンド受信はHDSDRが良いかと思います)です。
またOmnirigをインストールするとHDSDRとTS-590Gがリンクしますので面白い使い方ができます。
購入して本当に良かったと思います。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ TS-990S 七海堂さん

何時もCQオームさんにはお世話になっております。
このTS-990は、さすが、KENWOODというのが第1感です。IcomもYAESUも使っていますが、ここ一番となるとTS-990になってしまいます。
フラッグシップ機だけにボタンやツマミが多くて一見使いこなすのが大変そうですが常に使うボタンやツマミは限られています。
何より音の良さは抜群でコンテストなどの長時間の使用でも疲れが少ないというのは、耳の良さにはいずれのメーカーも甲乙付け難いなかで、非常に重要なファクターです。
このリグの使いこなしのコツは、フィルターの設定に慣れることでバンドコンデションやコンテストでのバンド内の込み具合に応じて適切な設定にすること。
バンドスコープのウォーターフォール画面でのCTR/FIXの切替によるバンド内のいち早い状況把握に慣れることなどでしょうか?
個人の好みによりますが、デザインも存在感があって所有する満足感もあります。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ FT-857DM notさん

モービルでCWが主で使用しています、希望はセパレートキットの配線コードの長さが長すぎるので、長さが選べるように設定してほしい、機能的には満足しています。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 
商品リスト
 
カテゴリー
 
最近の記事
 
メルマガ登録をどうぞ!

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
リンク
 
FC2カウンター
Top
Copyright © CQオームそうちゃん / Designed by Paroday  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。