MUSENKI レビュアーズ倶楽部!

 アマチュア無線・広帯域受信機の専門店CQオームの商品評価ブログです。各種無線機・受信機・関連商品のレビュー(評価・感想・使用感など)大集合。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

○ DT-830M エバーグリーンさん

主にアマチュア無線機用として購入しました。
性能面では電圧が安定していますし出力が4系統あり、見た目も良好でオススメです。
当方それ以外にカーステ、テレビ、DVDプレーヤーとも併用してますが今のところ全く問題ありません。価格等を考えればお買い得なデコデコでしょう。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

その他の商品リスト

その他の商品
■商品名は画像・スペック・通販ページへ
■レビュー閲覧は、レビュー→からどうぞ。
※ブログ内検索機能を使っているため、レビュー内に該当機種名が含まれているものは全て表示されます。

 

カード類

A-CARD(Aカード)1000枚 ■レビュー→こちら
新B-CARD(新Bカード)1000枚 ■レビュー→こちら

SWR計・カプラー

CAT-10(CAT10) アンテナカプラー ■レビュー→こちら
HC-100AT (HC100AT) HF・50MHzオートアンテナチューナー ■レビュー→こちら
SX40C(SX-40C)  クロスニードルSWRパワー計 ■レビュー→こちら
SX20C(SX-20C)  クロスニードルSWRパワー計 ■レビュー→こちら
SX-400(SX400)  140~525MHz ■レビュー→こちら
CMX2300 TWIN ツインクロスSWRパワーメーター ■レビュー→こちら
SX27P(SX-27P)  144/430MHz帯コンパクトSWRパワー計 ■レビュー→こちら

電源・DCDC・インバーター

DM-330MV(DM330MV) 電源 ■レビュー→こちら
GZV4000(GZV-4000) ■レビュー→こちら
RC013(RC-013) ポータブルインバーター ■レビュー→こちら
CPS3200(CPS-3200) 電源 ■レビュー→こちら
DT-830M(DT830M) DC/DCコンバーター ■レビュー→こちら
DM-305MV(DM305MV) 電源 ■レビュー→こちら
DM-320MV(DM320MV) 直流安定化電源 ■レビュー→こちら
DSP500(DSP-500) スイッチングモード直流安定化電源 ■レビュー→こちら

マグネット

MR77(MR-77) ■レビュー→こちら
MR77B(MR-77B) ■レビュー→こちら
MR77S(MR-77S) ■レビュー→こちら

アドニス商品

D-8Mi(D8Mi) ■レビュー→こちら
AM-DX1(AMDX1) 卓上マイクロホン ■レビュー→こちら
D-87S2(D87S2) ■レビュー→こちら
VM-240(VM240) ■レビュー→こちら
PD-30(PD30) 配電盤 ■レビュー→こちら
WX-2400(WX2400) ワイヤレスモービルマイクロホン ■レビュー→こちら
FX-8100(FX8100) 光ワイヤレスPTTモービルマイクロホン ■レビュー→こちら
BS-24(BS24) 中継カールコード
 ■レビュー→こちら
HS-21F フルフェイス専用スピーカー付フローティングマイクロホン ■レビュー→こちら
BS-S18S FTM10専用ボリューム付PTT分離型スイッチボックス ■レビュー→こちら



伸縮ポール・三脚

 

ふみたてくん ■レビュー→こちら
CP-45(CP45) 移動用アルミポール ■レビュー→こちら
YS-45(YS45) 移動用アルミポール ■レビュー→こちら
CP-60L(CP60L) 移動用アルミポール ■レビュー→こちら

ケテル商品

KT139K (KT-139K) ■レビュー→こちら
KT139 (KT-139) ■レビュー→こちら
KT018 (KT-018) ■レビュー→こちら
KT018-V (KT-018V) ■レビュー→こちら
KT007 (KT-007) ■レビュー→こちら


その他の商品

HL-45B (HL45B) HF/50MHz 45Wリニアアンプ FT-817に最適! ■レビュー→こちら
D5080(D-5080) 平面アンテナ ■レビュー→こちら
DMAX50(DMAX-50) 受信用プリアンプ ■レビュー→こちら
K515(K-515) ■レビュー→こちら
MR2A(MR-2A) マグネットベース ■レビュー→こちら
CB-980(CB980) モービルスピーカー ■レビュー→こちら
K9000(K-9000)  電動基台 ■レビュー→こちら
K402(K-402) ■レビュー→こちら
VX-CABLE (VXケーブル) ■レビュー→こちら
MAT50(MAT-50) マグネットアース ■レビュー→こちら
TF-400(TF400) コモンモードフィルター ■レビュー→こちら
SS500(SS-500) 分配器/混合器 ■レビュー→こちら
BU-55(BU55) 広帯域バラン ■レビュー→こちら
CTC-50M (CTC50M) 隙間ケーブル ■レビュー→こちら
HRI-100 (HRI100) WIRES-II コントローラー ■レビュー→こちら
HX240 144MHz入力トランスバーター ■レビュー→こちら
MG-SRM 小型マグネット基台セット シルバータイプ ■レビュー→こちら
CSP-30(CSP30) 通信用小型モービルスピーカー ■レビュー→こちら
CX210A(CX-210A) 1回路2接点
 ■レビュー→こちら
CX310A(CX-310A) 1回路3接点
 ■レビュー→こちら


電鍵

HK-802(HK802) ハイモンド 電鍵 ■レビュー→こちら
HK-702(HK702) ハイモンド 電鍵 ■レビュー→こちら
MK-706(MK706) ハイモンド 電鍵 ■レビュー→こちら
TC-701(TC701) ハイモンド 電鍵 ■レビュー→こちら
MK-705(MK705) ハイモンド 電鍵 ■レビュー→こちら
JA-2(JA2) ベンチャー 電鍵 ■レビュー→こちら

書籍

航空無線のすべて2009 ■レビュー→こちら
鉄道無線のすべて ■レビュー→こちら
周波数帳2008 ■レビュー→こちら

イヤホンマイク類

DEM10V(DEM-10V) ■レビュー→こちら
DEM10M(DEM-10M) ■レビュー→こちら
DEM10K(DEM-10K) ■レビュー→こちら
CEM-EX1F(CEMEX1F) ■レビュー→こちら
CEM-EX1K(CEMEX1K) ■レビュー→こちら
CEM-EX1Y(CEMEX1Y) ■レビュー→こちら
CEM-EX1YL(CEMEX1YL) ■レビュー→こちら
HM-S9F(HMS9F) ■レビュー→こちら
HM-S9K(HMS9K) ■レビュー→こちら
HM-S9Y(HMS9Y) ■レビュー→こちら
HM-S9YL(HMS9YL) ■レビュー→こちら
CEM100F(CEM-100F) ■レビュー→こちら
CEM100K(CEM-100K) ■レビュー→こちら
CEM100Y(CEM-100Y) ■レビュー→こちら
CEM200F(CEM-200F) ■レビュー→こちら
CEM200K(CEM-200K) ■レビュー→こちら

CEM200Y(CEM-200Y) ■レビュー→こちら
CEM450F(CEM-450F) ■レビュー→こちら
CEM450K(CEM-450K) ■レビュー→こちら
CEM450Y(CEM-450Y) ■レビュー→こちら
CEP500F(CEP-500F) ■レビュー→こちら
CEP500K(CEP-500K) ■レビュー→こちら
CEP400F(CEP-400F) ■レビュー→こちら
CEP400K(CEP-400K) ■レビュー→こちら
CEM195F(CEM-195F)
 ■レビュー→こちら
CNM300F (CNM-300F) ヘッドセット・ネックタイプ ■レビュー→こちら
CNM300K (CNM-300K) ヘッドセット・ネックタイプ ■レビュー→こちら
CNM300Y (CNM-300Y) ヘッドセット・ネックタイプ ■レビュー→こちら
CNM300YL (CNM-300YL) ヘッドセット・ネックタイプ ■レビュー→こちら




当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 

 
 

○ DT-830M 瀬戸際の魔術師さん

ふとしたことから、ほぼ、四半世紀ぶりにアマチュア無線に帰ってきました。
とは言え、マンション住まいで、目立つアンテナも上げられません。(こっそり上げるときは、毎度CQオームさんで購入させていただいたクラニシのBR-510Aで調整してます)
ーとなると、移動運用に活路を見出すことになります。
移動運用をするための問題の一つに電源があります。
昨今、安価な発動発電機も発売されていますが、ガソリンの管理等の問題があります。
となるとバッテリ運用となります。
車のバッテリを使うのが簡単ですが、「アイドリングストップ」のご時勢、エンジンを掛けて運用するのは気が引けます。
では、無線用のバッテリを持って、移動運用へお出かけとなります。

ご承知の通り、バッテリは12Vで無線機は13.8Vです。
通常13.8Vと言っても、RIGの取り扱い説明書を読むと、±15%(11.73V~15.87V)で動作するので、問題はないはずです。

しかし、四半世紀前に移動運用したとき、バッテリがへたってくると、声を出すたびにRIGのランプが暗くなる体験をした者としては、より安定した電源を求めたくなります。

で、インターネットを色々と調べてみると、12Vバッテリを2個直列につないで24Vを作り、それをDCDCコンバータで13.8Vを作る例が紹介されていました。

シールバッテリ(屋外用電源としてホームセンターで購入)2個揃え、さて、DCDCコンバータはと・・・。

ここからやっと本題です。
お断りしておきますが、この使用方法は、元々の製品の使用方法とは異なります。

要求仕様としては、
・電流容量は、ここ一番の50W出力ができること
・持ち運びに軽いこと(マンションって、駐車場が遠い)
・バッテリの状況が把握できること
があります。
これらを十分満たし、さらにCQオームさんのセール価格で、思わず買ってしまいました。

◇欠点
当然、24V車に装着することを前提に製品は作られています。そのため、イグニッションキー連動の線の処理が必要です。
また、バッテリーへの線は、本体直付けなので、持ち運び時に邪魔です。

◇良い所
スイッチング方式なので、非常に軽くできています。
ノイズを心配しましたが、6m運用では、まったく問題ありません。
夏の運用でも、発熱はほとんど無く、ファンが回っていることは無いようです。(気が付いていないだけ?)
メーターは視認性も良く、入力電圧/電流、出力電圧/電流を本体の前後の2個SWで切り替えることができます。(しょっちゅう切り替えるものではありませんが、ひとつのSWにならないものでしょうか)
QSOしながら、バッテリの電圧、RIGへの供給電圧を見ることができ、精神衛生上、とても良いです。

と言うわけで、かなり大層な移動電源システムとして、DT-830Mには活躍いただいています。
はっきり言ってオーバースペックですが、スイッチング方式の効率の高さが気にいっています。(移動時のアンテナは、毎度CQオームさんで購入させていただいたクラニシのBR-510Aで調整してます)

当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 


 
 
商品リスト
 
カテゴリー
 
最近の記事
 
メルマガ登録をどうぞ!

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
リンク
 
FC2カウンター
Top
Copyright © CQオームそうちゃん / Designed by Paroday  まとめ
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。