MUSENKI レビュアーズ倶楽部!

 アマチュア無線・広帯域受信機の専門店CQオームの商品評価ブログです。各種無線機・受信機・関連商品のレビュー(評価・感想・使用感など)大集合。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

○ IC-T90 迅平の父さん

使用方法:主に家族との連絡、ラジオや他のいろいろな通信の傍受
ハンディー機は、TR2200G、IC-μ2,IC3I、C-501などを使ってきました。
最近は、息子にC-501を持たせて自宅から数キロ離れた陸上競技場との連絡等に使っていましたが、280mWは、さすがに微弱で、モービルでの追尾が難しい場合もありました。しかし、IC-T90にしてからは、同時に購入したSRH779が力を発揮し、5Wというハイパワーも相まって、ファミリーユースでは不自由なく利用しています。
これからスキーシーズンに入り、雪山やゲレンデでの使用も楽しみです。
テンキーの操作性もよく、いろいろなバンドのチャンネルを500以上も登録できるため、実使用では過ぎる位です。その分のメモリーを他に利用してもいいかもしれません。しかし、たいへん満足しています。
できうるならば、もう少し厚さを減らしてほしいものです。あと5mm薄ければ、背広の胸ポケットに違和感なく収まりそうです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ SRH920 0.1013MPaさん

VX-8G用に取り付けたままで鞄に収納できるアンテナを探しておりました。
50MHz帯は不要なのですが、長さ、太さ(強度)が目的に合っているこの製品を選択しました。

■良い点
・小型軽量、適度な長さで、VX-8Gとのデザイン相性が良く、携帯性向上。
・メーカー名型番のラベルがシンプルで目立たない。
・長さ相応の性能。
    標準付属アンテナを0dBとすると430MHz帯で
     SRH920  -6dB   VX-8GのSメータで2つ分低い
     SRH779  +6dB   VX-8GのSメータで2つ分高い
   145MHzと50MHzは未確認です。

■悪い点
・表面加工がゴム系で、擦れると白化する。
・少し柔軟性を持っているかと思ったが、全く無し。固い。

■要望
・アンテナに柔軟性がないので、表面加工を固い材質にして欲しい。

■私の工夫
SRH920だけでは非常時の通信距離不足が心配なので、SRH779も携行しています。

■まとめ
430MHz帯では、近距離通信用として長さと性能のバランスに優れたアンテナだと思います。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 



 
 

○ VX-3 naoさん

東北大震災が発生し、我が家の防災器機として二台購入しました。もちろん、私も家内もハムの免許を持っています。お揃いのハンディ機を買うのは、FT-704で開局した昭和63年以来です。大きさ、機能、デザインなどリグの進歩はすごいですね。八重洲とスタンダード(マランツ)の両方の長所を取り入れている、というのが第一印象でした。

【評価・満足度】
無線機としては50点。機能満載すぎて、使いにくい点が気になった。

【気に入った点】
1.小さくて軽いこと。登山用の非常装備としても最適である。
2.単三電池が使用できること。オプションの乾電池ケースを装着すると厚みが増して若干不細工だが、グリップ感は向上すると思う。
3.ロック・アンロックがハード的にワンタッチで出来ること。
4.価格がこなれて買いやすくなったこと。

【残念だと思う点】
1.アマチュア無線用ハンディ機というよりも、受信機としての機能に重点を置きすぎていること。受信機の各種機能が加わり、メモリーなどの操作が複雑になっている。蛇足だが、免許を持たない受信マニアが送信可能な本機を使用するシーンは、電波法的にも問題があると思う。個人的には受信機能を省いた廉価版を望む。
2.ラジオ(AM+FM )が内蔵されているが、ほとんど実用にならない。今時はスマホのradikoもあるので、これも省いてもっとスリム化を計るべきだ。
3.エネループ(ニッケル水素充電池)に対応しないこと。単四なら四本内蔵できそうなのに。
4.乾電池の減りが早い気がする。Panasonic EVOLTAの新品を装着して保管したところ、数日で起動時の電圧表示が4.3Vになり電池マークが出た。まあ、これは乾電池の個体差かも知れないが。
5.リチュームバッテリー使用時の充電ホルダーが無いこと。毎回DC端子を開け閉めするのは面倒だし、ゴムカバーがすぐに駄目になる。

【改善を望む点】
1.受信機能は不要。シンプルな無線機としてのVX-3を望む。別バージョンでも良いので是非検討して欲しい。
2.エネループ対応と、省電力化を更に進めて欲しい。
3.外部スピーカーマイクの端子を、EAR端子と入れ替えて欲しい。

【使用オプション】
1.純正乾電池ケース
2.第一電波工業製スピーカーマイク
3.第一電波工業製アンテナSRH779


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ SRH779 はまちゃん

ローカルクラブのマラソンコンテストがあり、毎日欠かさず誰かとQSOしなければならなくなり、JR駅からのQRVでVX-6の付属アンテナでは少しきついのでこのロッドアンテナを使ってみました。
軽くて携帯に便利、途中で曲げられますのでTRCVRを寝かせても、使える。
ちなみに約6Km程離れた固定局のGPに430で付属アンテナを使い RS55 のシグナルが SRH779 で59+20dbほどになりこのアンテナの威力を感じました。
ハンディーを持って移動の際は是非とも持って行きたいアンテナです。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 

 
 

○ SRH779 uko380さん

VX-3用に購入。
付属のアンテナに比べVHF帯の感度がよくなります。
折曲部からアンテナ根本までが少し長い感じがします。
また、折損には要注意です。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 


 
 

○ VX-3+ロッドアンテナSRH779セット

VX-3を買おうかどうしようか迷っていたんですが、メルマガの記事(笑い)と、ちょうど、ロッドアンテナとのセットがあったので飛びつきました。

正解です。
組み合わせバッチリです!
通常は、小さくして使っています。
がさがさいって、どうしても距離が足りないなという時に、フルに伸ばしてやると、クリアに入ってきます。
デザインも綺麗で言うことなし。
おもしろバンド受信で使っていますが、今度、アマチュア無線の交信の方でも試してみようと思ってます。(4アマです)


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 


 
 

ハンディ用アンテナリスト

ハンディ用アンテナ BNC型 SMA型
■商品名は画像・スペック・通販ページへ
■レビュー閲覧は、レビュー→からどうぞ。
※ブログ内検索機能を使っているため、レビュー内に該当機種名が含まれているものは全て表示されます。



BNC型
RH775(RH-775) ロッドアンテナ ■レビュー→こちら
RH795 70~1000MHz帯 ロッド ■レビュー→こちら
RH799 70~1000MHz帯 ロッド ■レビュー→こちら
RH789 95~1100MHz帯 ロッド ■レビュー→こちら
RH103
120/300MHz帯 エアバンド受信用 ■レビュー→こちら
RH1230
120/300MHz帯 エアバンド受信用 ■レビュー→こちら
RHF1439
139/399MHz帯 盗聴波発見受信用 ■レビュー→こちら
RH519
144/430MHz帯& 7バンド ■レビュー→こちら
RH775
ロッドアンテナ ■レビュー→こちら
RH707
8バンド ■レビュー→こちら
RH701
8バンド ■レビュー→こちら
RH536
8バンド ■レビュー→こちら
RHF40
スーパーフレキシブル ■レビュー→こちら
RHF20 スーパーフレキシブル
 ■レビュー→こちら
RH3 9バンド
 ■レビュー→こちら
RH951S
フレキシブル ■レビュー→こちら
RH999
11バンド対応フレキシブルアンテナ ■レビュー→こちら
RH-770 ロッドアンテナ ■レビュー→こちら
RH17 (RH-17) 430MHzフレキシブル ■レビュー→こちら
BNC242 144/430MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
BNC246
144/430MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
BNC24 144/430MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
CH-32 ワイド受信 10バンド
 ■レビュー→こちら
CH-501X
ワイド受信 5バンド ■レビュー→こちら
CH-701X
ワイド受信 6バンド ■レビュー→こちら
CH-75
144/430MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
CH-726
50/144/ 430MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら
CH-99 70~1000MHz ワイドバンド ■レビュー→こちら
RX-5 144/430/900MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら
RX-7 144/430/ 900MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら
CH-350FXB
144/430/ 900MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら
CH-700FXB
144/431MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
BNC-750
7~50MHz ロッド式アンテナ ■レビュー→こちら


SMA型
SRH36 144/430MHz帯フレキシブル
 ■レビュー→こちら
SRH519 144/430MHz帯フレキシブル ■レビュー→こちら
SRH701 144/430MHz帯フレキシブル ■レビュー→こちら
SRH771 144/430MHz帯フレキシブル ■レビュー→こちら
SRH779 144/430MHz帯ロッド ■レビュー→こちら
SRH805S 144/430/ 1200MHz帯小型 ■レビュー→こちら
SRH789 95MHz~ 1100MHz 帯ロッド ■レビュー→こちら
SRH940 50/144/ 430MHz帯& AM/FMエアーバンド/他 ■レビュー→こちら
SMA3 144/430/ 900MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら
SMA501 144/430MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
SMA24 144/430MHz デュアルバンド ■レビュー→こちら
SMA701 144/430/ 1200MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら
SMA703 144/430/ 1200MHz トリプルバンド ■レビュー→こちら




当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 

 

 
 

● SRH805S SRH779 SRH789 SMA3 AS-20 AS-30

・SRH805S(第一電波工業)
このアンテナは5cmもなく携帯するには非常に便利です。
秘匿受信にも最適で鉄道無線や航空無線など聞く際には、駅・電車の中や空港周辺で使うのなら十分です。
それ以外の場所ではあまり期待はしないほうがいいと思います。
430の数キロ先のローカルレピータで1Wでも十分使えるアンテナです。
ICOMのハンディ機は特にアンテナと本体との間の隙間が気になりますがALINCOのDJ-X7ではアンテナのほうが少し分厚くなりますが、隙間はできません。
SRH805に比べて材質の変更、表示はシールで貼られていたのが直接印刷となっています。

・SRH779(第一電波工業)
SRH779は789に比べて縮めた状態での全体では長いのですが、伸ばした状態では短いです。
一つ一つのロッドが短いので、扱いやすいです。
ロッドの根元の部分が適度な長さなので回しやすく使いやすいです。
機種名はアンテナにプリントされています。

・SRH789(第一電波工業)
まず感度は各バンドGOODです。
普段はあまり使いません感度については詳しくはいえませんが外出時に必ず鞄に入れています。
少し遠い場所で受信する際は必ず使っています。
ロッドアンテナには各周波数でのロッドの長さの目安の表がシールで張られているのですが、シールが剥がれやすいと思いました。
アンテナの根元にロッドの根元に回転機構があるのでアンテナ端子にきちんと締めないとアンテナを回転さしたときにアンテナの端子側で緩んでしまいます。
ロッドの根元とアンテナの根元の距離が短いのできちんと締めるのは難しかったです。

・SMA3(コメット)
SMA3はアンテナのエレメントが太く、しなやかなアンテナです。
ベルトにつけた受信機・無線機からならちょうど使いやすいと思います。
感度のほうはロッドアンテナより少し劣りますがなかなかよかった結果になりました。

・AS-20/AS-30(北辰産業)
AS-20/30はラジオライフに載っていたので最初にAS-20、あとからAS-30を使ってみましたどちらも、エレメントがものすごく曲がり最初はこんなに曲げて大丈夫か?と思うぐらい曲げられました。
AS-20は短い分AMラジオは入らなかったのですが、エレメントが長いAS-30なら何とか入りました。
ただ移動して使うにはAS-30は長すぎて使いにくい部分があります。
ベルトに無線機や受信機をつけているときはちょっと長いかな?と思いました。
AS-20はSMA3のエレメントを細くした感じかな。
あとエレメントが非常に細いことが印象です。形状記憶合金を利用しているせいか、曲げたときに元に戻ろうとするところは勢いがよいです。
AS-30はエレメントがゆれると受信音がものすごく大きくなったり小さくなったりするので、不快に感じるときがありますが、ベルトにつけているときなら背中・肩辺りでエレメントがゆれない状態だと特に問題はありません。
あと、アンテナの商品名がシールで貼られています。

最後に、自分は同じアンテナを基本的に買わないようにしていますが、SRH805S・SRH789とSMA3は買ってしまいました。
SMA3は製品名のシールが貼ってあったので、最初は気入らなかったのですが、ちょうどよいしなやかさ、扱いやすさに惹かれてしまいました。できればシールよりアンテナに直接プリントしてあるアンテナが自分は好きですが……。
携帯性や感度・扱いやすさを考えたら自分にはこの3本でした。
皆さんの快適な無線・受信ライフのご参考になれば幸いです。

当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 


 
 

○ RHA270 hotta-sさん

VX-2のオリジナルアンテナのリプレース&AM/FM受信向上を目的に購入。
付属のSMA変換コネクタはイヤピースマイク(HM-37A4B)使用時に干渉せず。
オリジナルのアンテナより長くなるものの、より「しなる」為ベルトにVX-2を装着した場合でもアンテナが折れる心配が少ない。
受信に関しては常置場所(長浜市内の6階建てマンションの5階)や高層建築物の多い市街地ではAM/FMの受信は困難だが、郊外や湖岸(長浜港)では良好。
FM受信対応のSRH779フルサイズ時と感度同程度であり、短い分移動運用には有利か。
送信に関してはオリジナルアンテナと変わらないと思われる。

当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 


 
 
商品リスト
 
カテゴリー
 
最近の記事
 
メルマガ登録をどうぞ!

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
リンク
 
FC2カウンター
Top
Copyright © CQオームそうちゃん / Designed by Paroday  まとめ
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。